Guesthouse kyoto

ゲストハウスに何を求める?

最近よく聞くゲストハウス。

価格は安いけどもホテルほどサービスもなく外国人が多いイメージ。

はい。その通り。昔でいうユースホステルの流れ。

旗を持っているガイドさんについて行くスタイルや、

バスガイドさんが案内してくれたり、

友達とわいわいという旅のスタイルからもっとカジュアルに旅を楽しむ

休みもあるし旅でもしようかな今週。

みたいなスタイルがゲストハウスです。

友達と京都旅行を約束してたけど曖昧な返答を待つ煩わしさや

ドタキャンのショックもなく、人に振り回されることがなく、

ただ気楽に知らない街を歩き、食べ、いつもと違う人たちと出会って

人生の新しい道を発見したり、されたり。

外国人がどんな旅をしてるの見れたり、英語の会話が新鮮だったり、

もちろんゲストハウスも色々あるから自分のスタイルにあった

ゲストハウス、そして旅を探してください。

自分が一歩前に踏み出さないと何も始まらない事はもう知ってるし、

あとは流れに任せて初めてのゲストハウスライフを満喫してください。

太鼓屋別邸のコンセプトは旅の中の少しの時間だけでも

リラックスして一服できる場所、カフェや河原のあのリラックスを

宿の中で作ってみようとお庭にオープンテラスとキッチンをつくってみました。

町屋で本とコーヒーを楽しめる宿をコンセプトに

昔のゲストハウスのスタイルを追求していきます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional