Guesthouse kyoto

うちの太郎

うちの太郎

こんにちわ

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今日の京都はとても寒いですが

うちの看板亀の太郎は今日も元気に泳いでます。

元気でわんぱく、食いしん坊、でもって少しシャイ。

よくゲストが通るたびご飯をもらえるのかと騒ぎ出し、愛すべきガキ大将のような子です。

日本で良く見るミドリガメは陸と水、半々での生活が普通ですよね?

うちの太郎は基本的に水中での生活が主な種類の亀です。

しっかりと専門の方に聞いてお水も作り、ポンプも入れ、言われた通りのお家を用意しています。

と言っても生き物に関しては様々な意見があるのも事実。

以前、亀がかわいそうだとメモを渡されました。

中にはなかなかショックな一言も。

動物が好き
大切にしたい

その気持ちはお互い同じなのに、見方によってはこんなにも変わるのかと衝撃を受ける出来事でした。

宗教、政治、野球の話はするなと言いますが

生き物に関しての考え方

これもまたセンシティブな内容な気がします。

んー

実家に犬猫もいて動物の近くで育っていた私にとってはなかなか大きな出来事でした。

何が正解なのか、果たして正解はあるのか

どうなんでしょう?

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional